弁護士選びのポイント

男性B型肝炎の訴訟をお任せする弁護士を選ぶ際にも慎重であるべきです。選ぶための基準として覚えておきたいのが次の三つです。一つは実績が豊富であることです。やはりB型肝炎訴訟になれた弁護士はそれだけ多くの場数を踏んでいることになります。自分のケースともよく似た様々な訴訟を扱っている可能性もあり、それだけポイントを押さえた手続きができるのです。

さらにB型肝炎そのものへの専門知識も持っているといっても良い弁護士を見分けるための基準です。自分が起こそうと思っている訴訟の原因をよく知らないような弁護士ですとやはり安心して全てを任せることはできないでしょう。また弁護士事務所を選ぶ際には必ずB型肝炎訴訟を実際に経験したことのある弁護士を要する弁護士事務所を選ぶと良いでしょう。

またほとんどの弁護士は給付金の何パーセントかを報酬として受け取るシステムを用いています。もしも着手金から非常に高額な料金を請求してくるような弁護士であれば、結果は伴わなくてもある程度の収入は保障されてしまいますので、親身になって対応してくれない可能性もあります。こうした点に注意して信頼できる弁護士を選びましょう。サイトなどでの口コミを確認するのも参考になります。

関連記事

個人でも手続きは行えるのか

注射ほとんどの場合B型肝炎の給付金請求を個人で行う方は少ないでしょう。なぜならB型肝炎に集団予防接種などを通じて感染してしまったということを示す証拠資料の収集やそれを提出すること、さらには訴状を作成し裁判所へ行くなどといった手間がかかるため専門的な知識を持たない一般の個人がその手続きを進めることは非常に困難だからです。

もし仮にそのような作製を個人でできたとしても訴訟を有利に進めるためのさまざまなポイントを押さえてなければ結局のところ正当な給付金は受け取ることができないかもしれません。

そこでおすすめなのがB型肝炎訴訟に長けた弁護士に依頼することです。あくまでも給付金を受け取るためには訴訟を起こさなければいけませんのでやはりその専門家ともいえる弁護士に任せることが安心でしょう。弁護士はどのようなポイントを押さえれば有利に訴訟を進めていくことはできるのかということをよく知っていますので、個人で行うよりも高い給付金を受け取ることができるかもしれません。また国からも弁護士費用として給付金額の4%が補助されます。そのため個人でしはらなければいけない弁護士費用はほとんどないと言っても過言ではないでしょう。

関連記事

 

B型肝炎の給付金訴訟を起こすために弁護士は必要?

B型肝炎給付金支給の対象となる方は大きく分けて二つのケースがあります。一つは昭和23年7月1日から昭和63年1月27日に集団予防接種など受けてB型肝炎ウイルスに感染してしまった方です。この時期の集団予防接種は注射器を使い回すことによってB型肝炎ウイルスが広く感染してしまった時期になります。何十年にも及ぶ長い期間夏ですのでB型肝炎に感染している方は非常に多いと思われます。B型肝炎に感染しているからといってすぐに何らかの自覚症状が現れているというわけではありませんが、この期間にB型肝炎ウイルスに感染してしまった方は給付金支給の対象となり得ますので積極的に給付金の支給制度を利用することがお勧めです。

妊婦もう一つのケースはそのような予防接種などによって感染してしまった親から生まれた方達です。母子感染と呼ばれるものでB型肝炎が子供へも感染してしまうことを指します。このようにたとえ昭和23年から昭和63年にかけて予防接種を直接受けてはいなかったとしても、結局のところその時期の集団予防接種が原因でB型肝炎が感染してしまっているというケースもあるのです。

ですから自分の親がB型肝炎に感染しておりなおかつ予防接種を該当する期間内に受けている場合には親子で給付金を受け取ることもできるかもしれません。しかしながら給付金を受け取るためには訴訟を起こす必要があり、訴訟などは通常の場合ほとんどの人が行ったことがないでしょう。そのため非常に手続きが煩雑に思え実際に給付金の請求を行う方は決して多いとは言えません。

関連記事