B型肝炎の給付金訴訟を起こすために弁護士は必要?

B型肝炎給付金支給の対象となる方は大きく分けて二つのケースがあります。一つは昭和23年7月1日から昭和63年1月27日に集団予防接種など受けてB型肝炎ウイルスに感染してしまった方です。この時期の集団予防接種は注射器を使い回すことによってB型肝炎ウイルスが広く感染してしまった時期になります。何十年にも及ぶ長い期間夏ですのでB型肝炎に感染している方は非常に多いと思われます。B型肝炎に感染しているからといってすぐに何らかの自覚症状が現れているというわけではありませんが、この期間にB型肝炎ウイルスに感染してしまった方は給付金支給の対象となり得ますので積極的に給付金の支給制度を利用することがお勧めです。

妊婦もう一つのケースはそのような予防接種などによって感染してしまった親から生まれた方達です。母子感染と呼ばれるものでB型肝炎が子供へも感染してしまうことを指します。このようにたとえ昭和23年から昭和63年にかけて予防接種を直接受けてはいなかったとしても、結局のところその時期の集団予防接種が原因でB型肝炎が感染してしまっているというケースもあるのです。

ですから自分の親がB型肝炎に感染しておりなおかつ予防接種を該当する期間内に受けている場合には親子で給付金を受け取ることもできるかもしれません。しかしながら給付金を受け取るためには訴訟を起こす必要があり、訴訟などは通常の場合ほとんどの人が行ったことがないでしょう。そのため非常に手続きが煩雑に思え実際に給付金の請求を行う方は決して多いとは言えません。

関連記事