個人でも手続きは行えるのか

注射ほとんどの場合B型肝炎の給付金請求を個人で行う方は少ないでしょう。なぜならB型肝炎に集団予防接種などを通じて感染してしまったということを示す証拠資料の収集やそれを提出すること、さらには訴状を作成し裁判所へ行くなどといった手間がかかるため専門的な知識を持たない一般の個人がその手続きを進めることは非常に困難だからです。

もし仮にそのような作製を個人でできたとしても訴訟を有利に進めるためのさまざまなポイントを押さえてなければ結局のところ正当な給付金は受け取ることができないかもしれません。

そこでおすすめなのがB型肝炎訴訟に長けた弁護士に依頼することです。あくまでも給付金を受け取るためには訴訟を起こさなければいけませんのでやはりその専門家ともいえる弁護士に任せることが安心でしょう。弁護士はどのようなポイントを押さえれば有利に訴訟を進めていくことはできるのかということをよく知っていますので、個人で行うよりも高い給付金を受け取ることができるかもしれません。また国からも弁護士費用として給付金額の4%が補助されます。そのため個人でしはらなければいけない弁護士費用はほとんどないと言っても過言ではないでしょう。

関連記事